メディア戦略コンサルティング

企業およびその商品やサービスを的確に伝えるために、広報活動・コーポレートコミュニケーションは大変重要な役割です。
情報を伝達する相手(一般的に消費者)は、企業の広報活動の直接的な結果を目にし、耳にし、感じるものです。広報というのは、消費者にとって企業や商品・サービスについてのファーストコンタクト(接点)を担っています。この企業にとっての玄関口であるマーケットとの「接点」は、より適切に取り組むことにより、企業活動によりポジティブな結果を導くのです。
商品やサービスの性格により、より広く伝えるべきものから、狭いけれども適切なターゲットマーケットに確実に伝えるべきものがあります。このような商品やサービスの性格にマッチした広報戦略、コーポレート・コミュニケーション戦略の立案と遂行をご提供します。

伝わりやすいコミュニケーションを目指して
優れた家庭教師というのは、生徒の知識・思考レベルに合った教え方をするものです。
これを企業の広報活動にあてはめると、マーケットに浸透しやすい言葉とやり方でコミュニケーションを行うことを意味します。
ここで私たちが考える「広報」とはメッセージを伝えたい相手の目線と言葉でコミュニケーションをとることです。

コミュニケーションはキャッチボール
コミュニケーションは、伝え手と受け手双方の理解があって初めて成立します。自社の商品やサービスをより広めてくれる媒体は何なのか。適切な媒体は何なのか。
闇雲にマスメディアを使うのではなく、その商品やサービスに適切なメディア戦略をとっていくことが、効率的かつ効果的なコミュニケーション戦略となります。

Comments are closed.